2006年11月アーカイブ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■■■       ■
  ■□■■      ■■
■■■■■■■■■■ ■■  野川ドッグエリア通信 第12号【付録】
  ■■■■■■■■■■          
    ■■■■■■■■
    ■■    ■ ■      2006年11月26日発行
   ■ ■    ■  ■             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ワンコの訓練】体験教室の参加を呼びかけるチラシに書いた文章に対し
て、次のような感想が事務局に寄せられました。

投稿してくださったのは、祖師谷公園「ワンの会」の小幡寿子さんです。

とても考えさせる内容なので、ぜひ皆さんにご紹介したく、【付録】のか
たちで、お届けします。

《<当会の最大の活動目標はドッグエリア設置ですが、「ドッグランで、
しつけもできていないのに、ただ走り回るだけの犬を増やしてもしかたな
い」という考えを役員や協力者、メンバーが共有しています。マナーを守
れない飼い主とワンちゃんを少しでも減らしていき、ワンコ過密社会とな
った野川緑地広場周辺地域の整備(ドッグエリア設置とだれもが気持ちよ
く使える公園づくり)をともに目指していこう...。それには「しつけ教室」
にとどまらない何かが必要なのではないか。>

まったく同感です。ただし、私は「ドッグエリア」の必要性は「その場が
ある」ということだと思っています。「ドッグエリア」はただしつけの出
来ていない犬を走らせる場所ではありえない。なぜなら人も犬も社会的な
動物でそこから学び取っていくからです。トラブルも当然起きるわけです
が、自分の犬の欠点や飼い主としての至らなさを思い知ることも出来る。
相性の悪い犬同士でも飼い主同士が仲良くやっていると一定の距離を置い
て喧嘩にまで発展しなくなることもあるし、どうしても喧嘩になるような
相手なら思いっきり良く退場する知恵も働く。初めて入場する人や飼って
いる中で不安を感じている飼い主に対して体験談を話したりアドバイスし
たり情報交換が出来る。
自分の子以外の犬たちに自然に愛おしさが生まれ、飼い主の目の届かない
ことにも対応できる。例えばウンチを知らせるとか、拾う。いけないこと
を叱る。いいことは褒める。しょげている時は励ます。おかしいことは一
緒に笑う。
などなど、犬と飼い主のコミュニティの場として色んな付加価値的利点が
あると私は思います。                小幡 寿子 》


祖師谷公園では、フェンスで囲まれた運動広場を、タイムシェアでドッグ
ランとして使っていると聞きます。
成城・喜多見地区にも早く「その場がある」状態にしていきたく思ってお
り、その点では、小幡さんの考えに賛成です!(吉田)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【野川ドッグエリア通信】第12号【付録】 2006年11月26日発行
┃      
┃発行所  野川ドッグエリアの会 事務局(吉田)
┃Eメール kenichiyoshida@nifty.com
┃ファクス専用 03−3483−3284
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野川ドッグエリア通信 第12号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■■■       ■
  ■□■■      ■■
■■■■■■■■■■ ■■  野川ドッグエリア通信 第12号
  ■■■■■■■■■■          
    ■■■■■■■■
    ■■    ■ ■      2006年11月26日発行
   ■ ■    ■  ■             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

朝の散歩のときに、吐く息が白くなってきました。

こんにちは。野川ドッグエリアの会事務局の吉田です。

「人と犬の共生のために、成城四丁目の野川緑地広場"周辺地域"に、犬を
ノーリードで遊ばせられる、小さなドッグラン、いわば【ドッグエリア】
を作ってほしい」
この合言葉で、昨年11月から署名活動を開始した、野川ドッグエリアの
会。今年5月には、名称を正式決定し、本格始動をはじめました。

■現在までの署名提出数(世田谷区長宛)
  総計         1612名(うち世田谷区内977名)
  事務局預かり未提出分   97名
  【目標の3,000名まであと1291名!】


さて、今回の「通信、第12号」の献立は以下の通りです。
 1,当会主催「【ワンコの訓練】体験教室」報告
 2,大好評!連載エッセイ「世田谷的いぬの生活」
 3,カンパにご協力ありがとうございました
 4,告知板
 5,編集後記


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃当会主催「【ワンコの訓練】体験教室」報告
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11月19日午前9時から、野川緑地広場で当会主催で【ワンコの訓練】
体験教室が開かれました。当会が行う本格的なイベントは初めてです。

なぜ、今回【訓練体験教室】を行ったのか、それについては行政に提出
する、事業実施報告書の一部を引用しましょう。

《(世田谷区が)6月に行った区民意識調査においては、ルールの徹底
など条件つきの賛成をあわせると回答者の83.5%が区立公園へのド
ッグラン設置に賛成という結果が出たと聞きました。これは、犬を飼っ
ていない人も含めた数字で、わたしたちが提唱してきたことが実証され
た思いでした。ただ、多くの方が、賛成の条件として犬の飼い主のマナ
ー向上をあげているとのこと。そこで、みどりとみず政策担当部の伊井
和子部長以下、担当課の課長らとも話し合いを重ね、まずは、「しつけ
教室」をひらいて、飼い主のマナー向上を図っていくことにしました。
当会としては、単なる犬のしつけ教室ではなく、飼い主が犬の訓練の意
味を再考することが重要と考え、「人と犬、共生。【ワンコの訓練】体
験教室」という名称で、今年11月19日(日)の実施を決定(以下略)》

「共催/野川犬の会、協力/世田谷区、保健所」で行われた、この催し
ですが、実際はトレーナーの稲尾淳子さんをはじめ、みながボランティ
アで費用をかけずに手作りで設営、運営を行いました。会場となった、
野川緑地広場の一角には、カラスよけネットを利用して作られた、興奮
したワンちゃんの避難所《ドッグサークル》も設置されました。

世田谷区の協力は、「公園使用料をゼロにしてくれた」ことで、保健所
は、同時開催の展示用パネルを貸し出してくれました。また「ウンチ袋」
やパンフレットなどの配布物を提供してくれたため、協力として明記し
ました(配布物の用意が30セットだけだったので、予想を超える多くの
参加者の方々に行き渡らず失礼しました)。

当日撮った写真も、当会のホームページにアップしました。
参加したワンちゃんの写真も含め50数点が見られます。
http://groups.yahoo.co.jp/group/nogawa-dogarea
(写真を見るには、メンバー登録が必要です。登録したら、左にある【グ
ループメニュー】の【フォトアルバム】をクリックし、出てきたフォルダ
ーの中から、「06.11.19〜」を選択して見てください)

【訓練体験教室】は、9時15分からの第1部と、10時45分からの第2部の
二回、同じプログラムを繰り返す形で行われました。第1部は、時折小雨
がぱらつく天候でしたが、人が43名、犬が45頭と大勢の参加をみまし
た。トレーナーを囲んで、芝生広場に半円状に広がり、その目の前で、訓
練の実演をしていきます。初めての【教室】なので、高度なことよりもま
ず、飼い主の言うことをいかに忠実に実行させるか、その飼い主の心がま
えと、犬への対し方を集中的に説明していきました。実際に、参加者がい
つも扱いに困っている犬をトレーナーが見事に制御して見せると、どよめ
きや拍手が起きるほどでした。
第一部が終わると、トレーナーを囲んだ参加者が、質問攻めに。約15分
間の休憩(受付時間)をはさんで第2部です。内容はほとんど同じで、今
度の参加者は、人が23名、犬が25頭でした。

心配された天候は、第二部の終了間際から小雨が本降りになってきました
が、なんとか1部、2部とも屋外で実施することができました。

当会では、今回の体験をもとに、皆様からの意見を募りながら、来春には
連続的な【教室】開催も視野に入れて、活動を続けていきたく思います。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃大好評! 連載エッセイ「世田谷的いぬの生活」 by石橋真理子
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第10回 犬バカでいいじゃない

 世の中には「犬バカ」と「親バカ」がいます。「猫バカ」ってのもいる
けれど、それは今回、ちょっとわきに置いときます。
 犬バカも親バカも、過剰な愛情で空回り、本人はマジメなんだけどはた
から見たらちょっと笑えちゃう、というあたりが共通です。
 でも、親バカの場合、手放しで自分の子どもの自慢話を続けたら、さす
がにひんしゅくものですが、犬バカならOK。「この子は本当にお利口な上
に性格もよくて、お行儀までいいのよ〜」なんて、親バカが言ったら、
「まず鏡を見たら?」ですが、犬バカがいったら、苦笑い程度ですみます。
 自分と遺伝子でつながっていないんですから、大手を振って自慢話しが
できちゃいます。ビバ!犬バカ!!
 ところで世の中には、「親バカ」と同時に「バカ親」ってのも存在して
います。両者は似て非なる存在です。
 じゃあ、「犬バカ」と同時に「バカ犬」がいるかというと?
 ......正直、うちの犬を見ている限りでは、「バカ犬は存在する」と言い
たいです。しかし、夫の名言「この世にバカな犬はいない。バカな飼い主
がいるだけだ」ってのは、真実だとも思うんです。
 世の中に「犬バカ」がいるのと同時に存在するのは、「バカ飼い主」で
す。飼い犬のしつけもしないのに、やたら飾り立てたり、犬を相手に猫か
わいがりする人種です。
 犬バカは、ちょっと困り者でも微笑ましい存在ですが、バカ飼い主はた
だ迷惑なだけ。
 同じバカなら、犬バカになりたいものです。
                    2006(C)Mariko Ishibashi 

◆石橋真理子(いしばし・まりこ) 
ほぼ東京オリンピックの頃に生まれる。ライター。著書に『瀬戸際のブラ
イダル』(朝日新聞社)ほか。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃カンパにご協力ありがとうございました
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月19日の【ワンコの訓練】体験教室の会場において、会の趣旨に賛
同していただける方に、カンパのお願いをしました。
その結果、総額約18000円のカンパが集まりました。大切に使わせて
いただきたく思います。

当会の決算は、年2回3月と9月末締めで、決算報告をホームページと近
隣に配布するチラシの裏に表示します。12月初旬には9月末締めの決算
報告を掲載したチラシを配布する予定です。

今回の、【訓練体験教室】のカンパと支出は、時期の3月末締めの決算で
報告いたします。

また、署名活動も引き続き進めていきますので、ご協力ください。用紙は
事務局にありますので、ご協力いただける方はご一報ください。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃告知板
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(1)メルマガの新規購読者の方へ

今回、【訓練体験教室】で記帳していただいた多くの方が、新たに当メル
マガを購読してくださることになりました。ただ、当日の受付が若干混乱
していたため、ファックス番号間違いやメールアドレスの誤記、また、メ
ルマガを希望しない方へも配信してしまっている可能性があります。

さらに、ファックスではなくやはり電子メールで受け取りたいという方は、
その旨、事務局にメールでご連絡いただくか、ご自身で当会のホームペー
ジ(Googleで「野川ドッグ」と検索!)にアクセスし、「グループに参加」
をクリックして登録してください。

当会は、会員制ではないので、メルマガのグループ参加が入会を意味する
ものではありません。お気軽に、登録してください。写真も閲覧できます。


(2)メルマガの受信形式について

インターネット経由でメールマガジンを受け取っておられる方へ、確認で
す。このメルマガの冒頭には、■と□で犬をかたどった図形を入れている
のですが、もしかして、左側に衝突したようになってつぶれていないでし
ょうか。

このメルマガの配信に利用している「Yahoo!グループ」のシステム
では受信される方自身が、テキスト形式で受け取るか、HTML形式で受
け取るかを選択、設定することができます(管理者からは設定できません)。
もし、表示が見づらくて、1行の長さがばらばらになっているようでした
ら、設定変更をしてみてください。

方法は、㈰トップページの右上にある「Myグループ」をクリック ㈪
「Myグループ」「Myグループの編集」「メールアドレスの設定」と3
つ並んだタブのうち、右の「メールアドレスの設定」をクリック ㈫いち
ばん右端の「オプション」の下にある「編集」をクリック ㈬《配信する
メッセージの形式 ○HTML形式に変換: テキスト形式のメールをHTMLに変
換して受信する。 ○テキスト形式: テキスト形式のメールは変換せずに
そのまま受信する。》という表示が出るので、テキスト形式にチェックを
入れて、画面右下の「適用」をクリック

ちょっとめんどくさいのですが、やってみて、具合を報告していただける
と幸いです。
 

(3)引き続き、カンパをお願しています。

【お振込先】郵便貯金 10060-95034001 ノガワドッグエリアノカイ

振込みがめんどうな方は、お知り合いの役員さんに手渡しをお願いします。 

   絹谷宏美 代表(世田谷区成城)
   大野洋子 副代表(世田谷区成城)
   荘司真恵 副代表(世田谷区成城)
   高野民子 副代表(狛江市東野川)
   堀 若葉 会計責任者(狛江市岩戸北)
   角田恭子 会計監査(世田谷区喜多見)
   吉田兼一 事務局 (世田谷区成城)





┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ワンコの訓練】体験教室には、世田谷区から公園管理課長ほか、数名の
職員の方が、日曜日の午前という時間にもかかわらず、視察に来てくれま
した。わたしたちの目標である世田谷区立の《ドッグエリア》設置まで、
まだ、そのゴールは見えませんが、一歩一歩近づいている実感があります。


さて、みなさんの身の回りで、気がついた面白いこと、街角の風景写真な
どを投稿してください。犬に関係していないことでもかまいません。

このメールマガジンは、転送大歓迎です(ただし、一部を抜粋して別媒体
に転載する場合には、事前に許可をとってください)!

*投稿や、新規メールアドレス&ファックス番号登録は、下記(事務局・
吉田)まで。お待ちしています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【野川ドッグエリア通信】第12号 2006年11月26日発行(月2回発行)
┃            *毎月10日、25日発行を目標にしています
┃      
┃発行所  野川ドッグエリアの会 事務局(吉田)
┃Eメール kenichiyoshida@nifty.com
┃ファクス専用 03−3483−3284
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野川ドッグエリア通信 第13号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■■■       ■
  ■□■■      ■■
■■■■■■■■■■ ■■  野川ドッグエリア通信 第13号
  ■■■■■■■■■■          
    ■■■■■■■■
    ■■    ■ ■      2006年12月25日発行
   ■ ■    ■  ■             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

戌年もあとわずか。ことし一年、ご愛読ありがとうございました。
12月も、月1回だけの発行になってしまいましたが、年末合併号という
ことで、お許しください。

こんにちは。野川ドッグエリアの会事務局の吉田です。

「人と犬の共生のために、成城四丁目の野川緑地広場"周辺地域"に、犬を
ノーリードで遊ばせられる、小さなドッグラン、いわば【ドッグエリア】
を作ってほしい」
この合言葉で、昨年11月から署名活動を開始した、野川ドッグエリアの
会。今年5月には、名称を正式決定し、本格始動をはじめました。

■現在までの署名提出数(世田谷区長宛)
  総計         1612名(うち世田谷区内977名)
  事務局預かり未提出分   97名
  【目標の3,000名まであと1291名!】


さて、今回の「通信、第13号」の献立は以下の通りです。
 1,「訓練教室」報告のチラシ6号を発行しました
 2,大好評!連載エッセイ「世田谷的いぬの生活」
 3,新年もよろしくお願いします
 4,告知板
 5,編集後記


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃「訓練教室」報告のチラシ6号を発行しました
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

12月上旬に、先月19日に開催した「【ワンコの訓練】体験教室」の実
施報告を中心として、9月末締めの会計報告までを盛り込んだピンク色の
チラシを作成しました。題名は、下記のようなもの。

人と犬、共生。【ワンコの訓練】体験教室
のべ70頭の犬と飼い主が
11月19日に集いました!

会の役員を通じて、地域内に配布したほか、下記の協力店でも配布してい
ます。ほかに、協力してくださる店舗がありましたら教えてください。

会の活動への理解がどんどん広がっていきますよう、ご協力くださいね。

○TUKUBAクリーニング成城店、成城こばやし動物病院、はしもと動物病院、
高木動物病院、アン・アント、ドットランド、どうぶつの森、ブリーズウ
エイ、肉の柳屋


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃大好評! 連載エッセイ「世田谷的いぬの生活」 by石橋真理子
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第11回 追悼! ラブラドールの革命児

 合掌・まさお君。
 テレビ東京の人気番組「ポチたま」の看板犬であるラブラドールのまさ
お君が、この12月になくなりました。享年7歳。
 ペット界において、まさお君の果たした役割にはとても大きなものがあ
りました。
 何と言っても、ラブラドール=盲導犬、ゆえにラブラドール=お利口、
という図式を壊してくれたこと。これは本当に大きな功績です。
 我が家のおバカ系代表のような犬を散歩させている最中、通りかかった
小さいお子さんが「おっきいワンちゃん、怖い〜」とおびえるのに、お母
さんが「大丈夫よ。あれは盲導犬になるワンちゃんだから、とってもお利
口なのよ」とさとす場面、何度か体験いたしました。
 ......そんなとき、心の中で「確かにこれはラブラドールで、盲導犬はお
利口だけど、ウチの犬はバカなんですよ〜。ごめんなさい!」と謝ってし
まう私。
 たぶん、実際にラブラドールを飼っていらっしゃる方は、ブンブンとう
なづいてくださるのではないでしょうか。
 ラブラドールは頭がいい。それは確かです。でも、「頭がいい」と「お
利口」は、必ずしも同じじゃないんですね。
 ラブラドールは食いしんぼ。いたづら好き。頭はいいけど、ろくな方向
にその頭を使わない。でも悪びれなくて陽気。それがまあ、一般的なラブ
の性格じゃないかなあ、と思いますです。
 そんなラブの性格を、ちょっと拡大解釈して(笑)、一般に広めてくれ
たまさお君、本当にありがとう。
 天国でも可愛い女の子を追っかけて、楽しくゆっくりと休んでくれるよ
う、祈っています。
                    2006(C)Mariko Ishibashi 

◆石橋真理子(いしばし・まりこ) 
ほぼ東京オリンピックの頃に生まれる。ライター。著書に『瀬戸際のブラ
イダル』(朝日新聞社)ほか。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃来年もよろしくお願いします
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もうすぐ、2007年。戌年は終わってしまいますが、《ドッグエリア》
設置に向けた、わたしたち「野川ドッグエリアの会」の活動は、ますます
活発にしてゆくつもりです。

手始めは、春先からの「連続訓練教室」(仮称)。まだ詳細は未定ですが
皆様のご意見も参考にしながら、11月に開いた「【ワンコの訓練】体験
教室」を発展させたものを、春から初夏にかけて開催してゆこうと思って
おります。

来年もよろしくお願いいたします。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃告知板
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

12月上旬に作成した、「チラシ6号」の配布にご協力ください。事務局
には、まだ予備がありますので、配布していただける方はご一報を!
また、下記の各役員にもチラシをまとまった数、渡してありますので、
お問い合わせください。

   絹谷宏美 代表(世田谷区成城)
   大野洋子 副代表(世田谷区成城)
   荘司真恵 副代表(世田谷区成城)
   高野民子 副代表(狛江市東野川)
   堀 若葉 会計責任者(狛江市岩戸北)
   角田恭子 会計監査(世田谷区喜多見)
   吉田兼一 事務局 (世田谷区成城)


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、みなさんの身の回りで、気がついた面白いこと、街角の風景写真な
どを投稿してください。犬に関係していないことでもかまいません。

このメールマガジンは、転送大歓迎です(ただし、一部を抜粋して別媒体
に転載する場合には、事前に許可をとってください)!

*投稿や、新規メールアドレス&ファックス番号登録は、下記(事務局・
吉田)まで。お待ちしています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【野川ドッグエリア通信】第13号 2006年12月25日発行(月2回発行)
┃            *毎月10日、25日発行を目標にしています
┃      
┃発行所  野川ドッグエリアの会 事務局(吉田)
┃Eメール kenichiyoshida@nifty.com
┃ファクス専用 03−3483−3284
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野川ドッグエリア通信 第11号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■■■       ■
  ■□■■      ■■
■■■■■■■■■■ ■■  野川ドッグエリア通信 第11号
  ■■■■■■■■■■          
    ■■■■■■■■
    ■■    ■ ■      2006年11月13日発行
   ■ ■    ■  ■             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

風邪がはやっていますね。我が家も全員やられてしまいました。
この通信も、前号の発行からはや約1ヶ月。これも風邪のせいということ
で...。ごめんなさい。

こんにちは。野川ドッグエリアの会事務局の吉田です。

「人と犬の共生のために、成城四丁目の野川緑地広場"周辺地域"に、犬を
ノーリードで遊ばせられる、小さなドッグラン、いわば【ドッグエリア】
を作ってほしい」
この合言葉で、昨年11月から署名活動を開始した、野川ドッグエリアの
会。今年5月には、名称を正式決定し、本格始動をはじめました。

■現在までの署名提出数(世田谷区長宛)
  総計         1612名(うち世田谷区内977名)
  事務局預かり未提出分   89名 New!
  【目標の3,000名まであと1299名!】


さて、今回の「通信、第11号」の献立は以下の通り、短いものですが、
要チェックです!

 1,いよいよ今週末! 当会主催【訓練体験教室】
 2,告知板
 3,編集後記

連載エッセイ「世田谷的いぬの生活」も著者・石橋真理子さんが風邪のた
め、お休みです。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃いよいよ今週末! 当会主催【訓練体験教室】
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この通信でも、前号まで、NPO法人砧公園愛犬友の会や祖師谷公園「ワン
の会」の"人と犬のしつけ教室"の模様をリポートしてきました。

そして、当会でもドッグエリア設置に向けて飼い主のマナー向上は不可欠
と考え、しつけ教室が実施できないか模索してきました。

そして、ようやく11月19日(日)午前9時から正午まで、1部2部に
分けて、しつけ教室ならぬ「人と犬、共生。【ワンコの訓練】体験教室」
を開催する運びとなりました。参加は無料です。

場所は、野川緑地広場のいちばん北の芝生。成城地区と狛江市東野川地区
を結ぶビール坂を降りてきて、電器店「デンコードー」に向かっていくと、
野川にかかる谷戸橋を渡る手前、左手にバスの折返場があります。これが、
バス停「狛江ハイタウン折返場」で、その前に立つ平屋の建物が、狛江市
の集会施設「谷戸橋地区センター【かわせみ館】」。会場となるのはその
横の芝生広場で、雨天のときは、【かわせみ館】での室内講習となります。
同館での写真パネル展示「犬たちのいま」も同時開催。共催は野川犬の会、
協力・世田谷区、保健所です。

なぜ、「しつけ教室」という名称にしなかったのかは、今回トレーナーを
お願いする、稲尾淳子さん(ジャパンケンネルクラブ公認訓練士/日本警
察犬協会公認訓練士/日本シェパード犬登録協会公認訓練士)のお考えに
よるものです。

稲尾さんは犬の訓練士。なぜ、犬に訓練が必要なのか、多くの飼い主はそ
れを誤解している、ということろからお話が始まります。ですから、今回
はしつけ教室ではないというのです。詳しくは、ぜひ当日会場で、お話を
聞いてください。そこに、人と犬が共生する地域づくりの鍵があります。

当会の最大の活動目標はドッグエリア設置ですが、「ドッグランで、しつ
けもできていないのに、ただ走り回るだけの犬を増やしてもしかたない」
という考えを役員や協力者、メンバーが共有しています。マナーを守れな
い飼い主とワンちゃんを少しでも減らしていき、ワンコ過密社会となった
野川緑地広場周辺地域の整備(ドッグエリア設置とだれもが気持ちよく使
える公園づくり)をともに目指していこう...。それには「しつけ教室」に
とどまらない何かが必要なのではないか。

そこで、第1回のイベントとなる今回は「【ワンコの訓練】体験教室」と
いう名称になったのです。

詳細を書いたチラシは、すでに役員や協力メンバーを通じて配布を開始し
ています。参加予約のファックスも続々入ってきています。

予約なしでも当日受付しますし、観覧だけでも大歓迎です。ぜひお越しく
ださい。また、会場では、まだまだ足りない署名のお願いや、会の趣旨に
賛同してくださる方へのカンパのお願いもいたします。

木枯らしが吹き始めたこの季節ですが、みなさまが足をお運びくださるこ
とを願ってやみません。

11月19日(日)バス停【狛江ハイタウン折返場】近く芝生広場
第1部:受付午前9時/9時15分〜10時30分
第2部:受付午前10時30分/10時45分〜正午

*1部も2部も内容は同じです。終了後、その場から、野川両岸の遊歩道
を一周する約30分間のボランティア清掃活動を行います。こちらもぜひ
ご協力ください。

チラシをご希望の方は、事務局までご一報を。メール(添付ファイル)で
も、ファックスでもお送りできます。

多くの人の参加で、ぜひ盛り上げて、世田谷区にも訴えかけてゆきましょ
う! ご協力、お声がけをよろしくお願い申し上げます。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃告知板
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当会が【ワンコの訓練】体験教室を予定している11月19日(日)は、
世田谷区のハーフマラソンなどさまざまなイベントが目白押しです。みな
さまには、ぜひ午前中の少しの間でも様子を見に来ていただきたいのです
が、どうしてもこられない方には、後日この通信と、会のチラシで詳しい
実施状況をお知らせします。

趣旨に賛同していただける方は、ぜひ、当会の活動が継続的に続けられる
ようご協力ください。カンパのお振込みは下記までお願いします。

【お振込先】郵便貯金 10060-95034001 ノガワドッグエリアノカイ

振込みがめんどうな方は、お知り合いの役員さんに手渡しをお願いします。 

   絹谷宏美 代表(世田谷区成城)
   大野洋子 副代表(世田谷区成城)
   荘司真恵 副代表(世田谷区成城)
   高野民子 副代表(狛江市東野川)
   堀 若葉 会計責任者(狛江市岩戸北)
   角田恭子 会計監査(世田谷区喜多見)
   吉田兼一 事務局 (世田谷区成城)



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会の名称も決まらないまま、署名集めを開始したのが昨年の11月でした。
はや1年ですが、このたび、【ワンコの訓練】体験教室を実施する運びと
なりました。ゆくゆくは、フェンスを設置してトレーナー指導の下「体験
ドッグラン」などのイベントも行ってゆきたいと思っています。

さて、みなさんの身の回りで、気がついた面白いこと、街角の風景写真な
どを投稿してください。犬に関係していないことでもかまいません。

このメールマガジンは、転送大歓迎です(ただし、一部を抜粋して別媒体
に転載する場合には、事前に許可をとってください)!

*投稿や、新規メールアドレス&ファックス番号登録は、下記(事務局・
吉田)まで。お待ちしています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【野川ドッグエリア通信】第11号 2006年11月13日発行(月2回発行)
┃            *毎月10日、25日発行を目標にしています
┃      
┃発行所  野川ドッグエリアの会 事務局(吉田)
┃Eメール kenichiyoshida@nifty.com
┃ファクス専用 03−3483−3284
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アーカイブ

アフィリエイトリンク

野川ドッグエリアの会はボランティアで運営されていますので、収益は会の運営費として活用させて頂きます。