2007年2月アーカイブ

野川ドッグエリア通信 第14号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■■■       ■
  ■□■■      ■■
■■■■■■■■■■ ■■  野川ドッグエリア通信 第14号
  ■■■■■■■■■■          
    ■■■■■■■■
    ■■    ■ ■      2007年2月11日発行
   ■ ■    ■  ■             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。野川ドッグエリアの会事務局の吉田です。

1月の発行をすっかりサボってしまってごめんなさい。冬眠していました
というには、あまりにも暖かい冬。いいかげん、当会も始動しなければ、
と、反省しきりです。

「人と犬の共生のために、成城四丁目の野川緑地広場"周辺地域"に、犬を
ノーリードで遊ばせられる、小さなドッグラン、いわば【ドッグエリア】
を作ってほしい」
この合言葉で、2005年11月から署名活動を開始した、野川ドッグエリアの
会。06年5月に、名称を正式決定し、本格始動をはじめました。

■現在までの署名提出数(世田谷区長宛)
  総計         1612名(うち世田谷区内977名)
  事務局預かり未提出分   97名
  【目標の3,000名まであと1291名!】


さて、今回の「通信、第14号」の献立は以下の通りです。
 1,あの野川沿いの空き地はどうなるのか?
 2,大好評!連載エッセイ「世田谷的いぬの生活」
 3,野川の野鳥たち
 4,告知板
 5,編集後記


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃あの野川沿いの空き地はどうなるのか?
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

成城の住宅街から、ビール坂を降りてきて野川に差し掛かったところにか
かっている橋は「谷戸橋」です。橋を渡ると右側に「デンコードー」があ
りますが、橋を渡る手前の右側、バス停の向かいには、空き地が広がって
います。以前、成城グリーンプラザの施設の一部で「パル成城テニスクラ
ブ」のコートがあった敷地です。

ここは、調布市入間町三丁目22番地にあたるのですが、今年になってから、
重機が頻繁に出入りし、立ち木を次々と植え始めました。工事車両の出入
り口には、無断立ち入り禁止と書かれた掲示板に、問合せ先として調布市
緑と公園課の電話番号がありました。

はたして、野川緑地広場の北側に広がるこの敷地は、この先どうなるので
しょうか。やはり、公園になるのか。ならば、ここにドッグランを作って
ほしいと思い、調布市役所に電話してみました。

すると、緑と公園課は土地の使途について説明する立場になく、ただ、一
時的に地盤整備と植栽を管理しているだけだとのこと。かわって、調布市
政策室政策調整担当の方が、電話取材に応じてくれました。

以下は、担当者の説明をまとめたものです。

≪入間町三丁目22番地の土地は、一時的に調布市土地公社が所有していま
すが、外環道路の用地になる部分でもあり、将来的には国に買い取っても
らう方針です。いわば、調布市が一時的に肩代わりしているのです。
 外環は大深度での設置案が出ていますが、まだ、案ですから調布市とし
てこの土地を所有し続けて、なにか恒久的な施設にするという考えは持っ
ていません。用途は決まっていないのです。
 ただ、広い土地ですし土ぼこりが舞い上がるということもあり、当面は
植樹をして景観の上でも緑化しようということで、緑と公園課に委託して
作業を進めています。植えている木は、市道を作るときに一時的に余った
樹木を入れています。また、道路整備に必要な場合は、そこから木を運び
出します。
 市民には、調布市内の自治会を通じて同様の内容の説明会を開きました。
これまでに出ている、土地活用の要望としては、かつてのように、テニス
コートにしてほしいという声がありますが、ドッグランを作ってほしいと
いう意見はいただいておりません。
 調布市としては、予算もありませんので、テニスコートの整備は考えて
いません。当面、国に買い取ってもらう間の管理をするという考えです》

な〜んだ、という感じです。調布市に予算がないのは分かりましたが、国
に買い取ってもらうまでの期間限定でもいいから、ドッグランを作ってほ
しいと考えるのは、地域住民のわがままでしょうか?


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃大好評! 連載エッセイ「世田谷的いぬの生活」 by石橋真理子
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第12回 ダイエット合宿 

 雑誌をぱらぱらとめくっていたら、あらら、「愛犬のダイエット・成功
のための10か条」なんて記事が目についちゃいました。
 その中には、「週に3回は体重を計る」とか「食事は1日3〜6回、小
分けにして与える」なんて項目もありましたわ。
 なんか、女性誌のダイエット特集で、よ〜〜く見知った内容のような...
...?
 つか、それ以前に、肥満犬ってそんなにも多いのでしょうか? 
 だってワンちゃんですよ!? きまった食事をあげて、日に2回の散歩を
させていれば、そんなに太らないのではないかっていう気も。
 あっ、今、「そういうお前はどうなんだ?」というツッコミが聞こえて
きちゃいましたよ、私の心の耳に。
 はいっ。ワタシは自他ともに認めるダイエッターです。「生涯いちダイ
エッター宣言」を発してからでもすでに10年以上。もうね、一生を通じて
の趣味といってもいいかもしれません。ダイエット。
 でも、ワンちゃんは私と違って、スーパーで買い物をしながらついふら
ふらとお菓子のコーナーに引き寄せられたり、ちょっと一杯のつもりで飲
んだビールがはっと気づいたら空き瓶の山...、なんて事もないわけで。な
んでそんなに太るのでしょうか?
 さらに記事を読んでいたら、ワンちゃんのための専門コーチ付き水中ト
レーニングだとか、ダイエット合宿の情報などもあり。合宿なんて、小型
犬で一ヶ月9万円からですって。
 ......私がワンちゃんのお世話をしますから、そのお金で私を行かせてく
れないでしょうか、ダイエット合宿......。
 つか、人間の尊厳はどこに?
                    2007(C)Mariko Ishibashi 

◆石橋真理子(いしばし・まりこ) 
ほぼ東京オリンピックの頃に生まれる。ライター。著書に『瀬戸際のブラ
イダル』(朝日新聞社)ほか。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃野川の野鳥たち
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

事務局吉田のわたくしごとですが、今年になってから、これまでなおざり
だった犬の散歩を、一日2回のうち1回は約1時間行うようにしました。
その理由は、自分の健康対策(では、犬は? と聞かれると返答につまっ
てしまいますが、まあ、これまでのことは水に流してくださいよ)。愛犬
もストレス解消になり、一石二鳥です(冷や汗)。

で、散歩のコースですが、ひたすら野川沿いの遊歩道を歩きます。ときど
き土手に下りて、川面を眺めながら歩くのですが、わたしが、地域に住み
始めた11年前に比べて、野鳥の数が、増えているように思いました。

カラスは、明らかに減る傾向にありますね。見かける鳥は、ハト、スズメ
は言うに及ばず、マガモ、ダイサギ、コサギ、カワウ(ウミウ?)などの
中型の水鳥。そして、カワセミ、ハクセキレイ、ツグミなどの小鳥まで...
(図鑑を開きながら書きました)。

野川の豊かな自然は、この地域の貴重な財産です。最近は、バードウォッ
チングをしている人も増え、野川緑地広場にある(財)世田谷トラストま
ちづくりのビジターセンターでは、世田谷の野鳥というカラーの小冊子を
安く販売しています。

ただ、以前に、野川の河原に住んでいる野生化したアヒルが、飼い犬に襲
われて傷つけられてしまい、鳥を愛する方々から、犬が目の敵のように思
われていた時期がありました。

犬を連れて、毎日野川の土手を歩いていると、時々、リードを外してやり
たい衝動に駆られますが、やんちゃな性格のうちの犬は、興奮すると何を
するか分からないので、じっと我慢です。

早く自由に走り回らせてあげられる場所ができるといいなと、切に思う、
今日この頃です。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃告知板
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年12月に、11月19日に開催した「【ワンコの訓練】体験教室」の実施
報告を中心として、9月末締めの会計報告までを盛り込んだピンク色のチ
ラシを作成しました。題名は、下記のようなもの。

人と犬、共生。【ワンコの訓練】体験教室
のべ70頭の犬と飼い主が
11月19日に集いました!

会の役員を通じて、地域内に配布したほか、下記の協力店でも配布してい
ます。ほかに、協力してくださる店舗がありましたら教えてください。

会の活動への理解がどんどん広がっていきますよう、ご協力くださいね。
実際に、年末年始に当通信の購読申し込みが何件もありました!

○TUKUBAクリーニング成城店、成城こばやし動物病院、はしもと動物病院、
高木動物病院、アン・アント、どうぶつの森、ブリーズウエイ、肉の柳屋

また、下記の各役員にもチラシをまとまった数、渡してありますので、
お問い合わせください。

   絹谷宏美 代表(世田谷区成城)
   大野洋子 副代表(世田谷区成城)
   荘司真恵 副代表(世田谷区成城)
   高野民子 副代表(狛江市東野川)
   堀 若葉 会計責任者(狛江市岩戸北)
   角田恭子 会計監査(世田谷区喜多見)
   吉田兼一 事務局 (世田谷区成城)


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、みなさんの身の回りで、気がついた面白いこと、街角の風景写真な
どを投稿してください。犬に関係していないことでもかまいません。

このメールマガジンは、転送大歓迎です(ただし、一部を抜粋して別媒体
に転載する場合には、事前に許可をとってください)!

*投稿や、新規メールアドレス&ファックス番号登録は、下記(事務局・
吉田)まで。お待ちしています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【野川ドッグエリア通信】第14号 2007年2月11日発行
┃            *毎月10日、25日発行を目標にしています
┃      
┃発行所  野川ドッグエリアの会 事務局(吉田)
┃Eメール kenichiyoshida@nifty.com
┃ファクス専用 03−3483−3284
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アーカイブ

アフィリエイトリンク

野川ドッグエリアの会はボランティアで運営されていますので、収益は会の運営費として活用させて頂きます。